*

Googleのブログ検索が消滅…アメブロは検索表示されなくなるのか…

      2016/01/12

こんばんわ!!

Reiraです。

最近、こんな記事を読むのが好き。

Google「ブログ検索」が消滅。遂にサービス終了か。

ワードプレスを使い始めて、まだ数ヶ月だけど、確かに、ブログコンテンツとしては、非常に、作りこみやすい(僕のブログはまだまだだけど。)

タイトルの件に関しては、そう言ったSNS系も最初からテンプレートがしっかりしてるし、Google側が、ニュースサイトとブログの判断をするのが、困難になってきた的な解釈が出来るかな。

 

普通に検索したら、ブログはいくらでも出てくると言うことには、変わりありませんね!!

 

このリンク先の記事とか読んでも解るように、確かに、NEWSサイトばりの、サイトに仕上げることも充分に可能なのが、ワードプレスのメリットでもあり、僕自身も、情報発信と言う事を、意識し始めてから、Googleの事とかも少しづつ勉強してます。

 

まだ、さっぱり意味の解らない様な言葉も、沢山あるんだけどね(苦笑)

SponsoredLink

一時期バンドマンが、一気にアメブロに移行した時って、ブログが流行っていた時期でもあって、その中でも、検索エンジンに強いって言うのが、アメブロを使うメリットな感じだったんだよね。

と、僕がアメブロへの移行を進められた時は、そう言われたんだけど(苦笑)

 

更には、やっぱり、そこに僕が活動していたシーンの、バンドマンたちが一気に移動した事で、アメブロに、そのシーンのオーディエンスとなる人たちも、自然と集まっていたのも一つのメリットでもある。

 

その当時は、検索エンジンって何!?

 

って、僕もそのレベルだったんだよね(苦笑)

 

 

更には、アメブロに関しては、あのペタ機能と言うやつは、後々、バンドマンにとっては、非常にメリットの高い物となった。今でも僕がアメブロのアカウントを残しているのは、たまにペタとか営業しに行っているからです(笑)

地味な作業を地味にやってます。(笑)

 

まぁ興味を持ってくれるかは、解らないけれど、自分から、自分の存在を知らせに行く事が出来る機能ですからね。

そういう意味では、アーティストや、インディーズで活動してる方からしたら、沢山使うべき機能だったのではないかな?とも思うし、まだまだ、アメブロもトップレベルのSNSであることは間違いありませんね。

 

そして、暫くは鉄板でのアメブロも、Twitterの出現、Facebookの出現で、ちょっと衰退した感は否めないよね。と言うか、オーディエンスとなる人達も、バラバラに散っていった。

 

アメブロのペタも実際、効力は落ち、今は、Facebookの様に、アメブロのブログの記事自体に、【いいね】ボタンが出現したり…。大好きなバンドが、アメブロにいる人は、アカウントの意味もあるのだろうけど、僕達って、既に、シーンが変わっているし、より大きな幅を見なくては行けなくなっている現状がある。

 

絞られた分野でも、対した結果を残せなかったけど、それでも、進化を止めることは出来ないのも現状ですね。更には、媒体がでかくなった分、より、個性が求められる。

じゃなきゃこの、ネット社会の莫大な情報の中に、埋もれてしまうだけですから。

SponsoredLink

色んな事に手を出しすぎてる様にも見えてるのかもしれないけど、こう見えて、色々考えて行動してるつもりです。

そんな事を思いながら、記事を更新しておりますが…

 

今日、名言に出会ったよ。

進化論を説いた、チャールズ・ダーウィンの言葉

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き残るわけでもない…
唯一生き残るのは、変化できる者である。

 

正しく…僕が言いたい事が凝縮されてる(笑)

凄いよね…このチャールズ・ダーウィンがこの言葉を発したのは、約200年も前の事。

 

それを、さっき知りましたからね(笑)

久し振りにゾクッと来る言葉だったな。何か根本的な事なんだろうけど、そこ(芯)は変わってなくて、時代の変化に対して、音楽性を変えていくとかではなく、アプローチの仕方を変えていくっていうの??

 

そこに変化をつけていかなきゃいけないんだと思うのですよ。

それもね、人に与えられてやってるようじゃ、僕はダメだと思うのです。

 

 

自分で考えて、行動してみて、検証して、修正して、またやってみて…

 

と、繰り返していくうちに、個性だったり、進化だったり、発見だったり色んな事が生まれてくるんだと思います。

って、超真面目な記事になっちゃった(笑)

 

 

バンドだけでなく、これは、社会でも同じことが言えるとも思うし、全ての根本は一緒なんです。

Reira

【関連記事】

SNSやWEB媒体が自分にどう活用できるのか…

 - ウェブ関連