*

パックンマックンのパトリック・ハーランが解くコミュニケーション能力!!

   

テレビ、『ミヤネ屋』を見てました(笑)

パトリック・ハーランさん…かなり久し振りに見ましたが(笑)
今大学で、コミュニケーションについての講義してるんだって(( ;゚Д゚))初めて…知りました。

しかも聞いてビックリ、ハーバード大学出身。

これまた、驚きでした(笑)

 

そんな彼が解くコミュニケーション能力って、凄くタメになりました。

ウル覚えなのが、残念だけど(笑)

 

スポンサードリンク

 

日本で、コミュニケーションが苦手だと思っている人は、約7割だとか…。

そして、他にも気になる事と言えば、そのコミュニケーション能力の背景には、それぞれの国の文化の背景が関わっているんだって!
コミュニケーションが上手な国って、何処を思い浮かべますか??

TV内では断トツに、アメリカと言う国の名前が上がっていましたが。

 

 

どうでしょうか?皆さんも同じかな?

パックンが言うには、

『アメリカには沢山の人種がいて、同じ文化で育っていると言う概念がまずない。何を話するにも、相手が知っているなんて思わないこと』

が当たり前なんだそうです。

 

その結果『10話をしたら、7割8割分かってもらえればいい位』

 

 

 

日本に関しては、

『同じ文化で育ち、言葉もほぼ同じでコミュニケーションが取りやすい』

『1話せば10解ってもらえる』

と言っていましたが、そんな中で、この数値が出るって不思議ですよね(苦笑)

 

 

コミュニケーション能力って、練習するらしいです。
何か、コミュニケーションの練習をするって、不思議な感じがしちゃうけどね(笑)

 

僕が思うに…コミュニケーションって楽しいこと。

コミュニケーションって、仕事上に置き換えたりしてしまうから堅苦しくなったり、苦手だなって思うこと多いと思うのだけど…僕は、プライベートを主体に考えてます。

 

例えば、友達や、勿論バンドマン同志の会話とかってね、色んな共通点があったりして、そこで話が盛り上がったりするから楽しいんだよね!!

これは最初からある程度、共通点があるからこその事でもあるんだけど。

 

で、僕が初対面とか、余り話したことない人と話すのが楽しいと感じるのは、こんな理由があるからです。

 

 

 

誰にも経験する事の出来ない人生

僕という人間には、『僕の人生』があります。

この『僕の人生』って言うのは、僕以外に、この世の誰一人として、体験することが出来ない、僕だけの人生なんです。

 

と言う事は、

 

初対面の人って、その人には、その人にしかない人生を、歩んできた人なんですよね!

僕には、絶対に経験することが出来ない人生を持っている人なんですね。

 

 

それを会話することで、人生の僅かかもしれないけど、知ることが出来る。ってのが会話の楽しい所だと、僕は思います。

SponsoredLink

別に人の人生になんて興味ねぇし!!

って言うのは、非常に勿体無いと僕は思う。僕の視点って、1しかない。その視点が、2に増える。よく僕が言う、1が大事なんですね(笑)

沢山の方と知り合って、沢山の方の人生経験や、考え方、価値観とかを知る事って凄く大切です。

コレも、僕はよくブログには書くけど、否定から何かが生まれる事って凄く少ない。

 

 

その人から得る情報って、どんな事かは解らないにしても、それぞれ考え方の違いとか、そんな考え方もあるんだなって、頭に入れておくだけでも、発想の転換に役だったりもしてきますね!!

 

 

 

5W2Hで会話は成立する。

この5W2Hって聞いた事ある人も多いと思うんだけど、おさらい(笑)

When いつ
Where どこで
Who 誰が
What 何を
Why なぜ
How どのように

どうしても、会話が苦手って方は、これを頭に入れておくだけでも、だいぶ違うんじゃないかな?
最初は意識的でもいい。それがいつの間にか当たり前になってくるからね!!

あ、これが練習か(^_^;)

 

そして、会話の中で、きっと違う話題にもなる、言葉やキーワードが出てくると思うんです。
話をちゃんと聞いて、その言葉を拾って、また5W2Hで、沢山の相手の情報を聞かせてもらう事が出来るんだよね!!

 

 

 

でも、上司とか、目上の方はどうしても緊張してしまう…

僕もそうでした。

これも僕は、同じことだと思うし、更には自分達より、より沢山の経験を持ってる方です。

 

なら尚更、しっかり色んな事を聞きたいと思うはずです。

 

その人だから出来たとか、そう言ったことはないと思うんですね!同じ人間のはずですから(笑)

初対面だろうと、目上の方だろうと、経緯を持って失礼の無いように話をするって難しい様だけど、根本は相手の方に興味を持つって事が重要なポイントなのかもしれません(^^)

 

 

Reira

【合わせて読みたい記事】

文章(ブログ)の書き方を変えるだけで、読んでもらえる記事になる

 

スポンサードリンク

 - 日常のブログ