*

AIM活動休止が決まりました…

      2015/01/07

こんばんわ!
Reiraです。

更新が遅くなってしまいましたm(__)m

 

もうこのブログを見てくれている皆さんは、ご存知の通り、AIMが2015年1月6日で活動を休止する事が決まりましたm(_ _)m

 

何となく、もう予想がついていた人も中にはいるのかもしれません(苦笑)

 

SponsoredLink

 

僕、個人的にはBAELSCOPEから6年。

 

好きな事をやっているはずなのに、楽しい事だけではなかったけれど、その時その時に支えとなってくれる人達がいて、今振り返れば、全てが笑い話に出来る様な気がします。

そして、今では感謝の気持ちで一杯です。

 

僕自身、まだBAELSCOPEを始めた当初、ひねくれた心の持ち主で、誰にでも対抗意識を持ってたし、その中で、とにかく必死に突っ走って、今思い出すと恥ずかしい思い出も一杯あるし、後悔と言うよりは振り返って、『学び』が沢山あったなって思います。

 

結成当初の僕ならば、この道を選んで、誰にも感謝も出来ず、自分ならやれる!!!的な、ただの自意識過剰なやつで、終わってたかもしれない。

 

 

先輩方から学んだ事、そして、同期達から学んだこと、後輩から学んだ事、この6年決して無駄な時間ってのはなくて、AIMと言うバンドが活動を休止する事で、そんな『場所』が、無くなってしまうのではないか?と、今からちょっと不安な位です(苦笑)

 

何より、僕を成長させてくれたのは、その6年間に関わってきてくれた全ての人達だと思います。

 

 

 

いつのブログだったか…僕が言ったと思う言葉
自分のバンドの解散ってのは、そのバンドでやる事がなくなった時に…

 

みたいな事を書いたような気がします。

僕個人的な考え方だけど、『バンドの方向性の違い』ってのは、ある意味当てはまっているんだけど、それは結成した当初から当然の如く、予測が出来るものである様な気がするんです。

 

人間の感情や、考え方って、常に変化していきますから…

 

逆に、変化しないのは芯があって、その周りの派生していく物には少しずつの変化っていうのは、絶対的にあり得ると思うんですね…言葉で表すのは難しいんだけど。

 

それぞれ、考え方、環境、育ちの違う、男女5人が集まれば、少なからず、5パターンの考え方があって、それが、時間が経って変化していくことっていうのは、当たり前でもある。それを話し合って化学反応が起きて、独自の世界観を出していくのがバンドである気がしています。

 

 

そんな個人的な考えで、僕がこのバンドを止めようと思ったのは、価値観の違いかな。

音楽的な形になるものってのは、僕は今でも、過去のメンバーも含め、一人ひとりを尊敬している部分はありますし、BAELSCOPEから、AIMになるまで、全ての曲が好きだし、それぞれ持ってるものってのは凄いと思います。

 

同じものを持っている人間が集まったって仕方ないしね♪

 

ただ、価値観ってのは、人に合わせるのは音楽性の違いよりも難しい気がします。考え方が変わっていく速度も、それぞれ違うでしょう…

 

これも、人それぞれ、より時間を過ごすステージの長い所(プライベートな時間や、バンドに費やす時間)の影響は大きい気がする。

よりメンバーと過ごす時間や、バンドに費やす時間が多ければ、その価値観ってのは、みんな似てくるだろうしね。

 

とにかく色んな考えと、沢山の選択肢をココ数ヶ月、僕は思い浮かべました。

 

その中で、ベストな選択肢ってのは、未だに正解は解っていません。ただ、正直、先が見えなくなったのは確かです。

亮平が抜けた後の、後がまのドラマーさんも、宛はついていました。

 

でも、僕達がサポートしてもらう中で、その人に与えられる物って何だろうか??って、凄い疑問があった。

そして、亮平にも、改名してから、何かを与えてあげられたのかな?
って、疑問符ばかりがついて来ました。

 

そんな疑問符ばかりがつくバンドが、皆に夢や共感も与えられているのかって事も浮かび、何だか恥ずかしさと、申し訳無さで一杯になったよ。

ただただ、この発表をして、今まで応援してくれた方々には、残り二本最大の感謝の気持ちを!!

 

って今は意気込んでいます。

 

タイミング悪く、PCが壊れたりトラブル続きだったけど(苦笑)

まだ、PCも完全復活じゃないんですが、これから、後2回のステージを迎える中で、少しでも沢山の時間を共有出来るように、ツイッターやブログもどんどん更新していきます。

 

最後のワガママです。

1月6日のAIMのReiraの、最後のステージを降りるまで、お付き合いください。

 

 

Reira

 - 日常のブログ