*

猫の粗相の治し方と対策の方法

   

猫の粗相の治し方とその対策について、前回記事でその原因をいくつか上げました。

それ以外の場合の猫の粗相の原因

【元記事】猫の粗相が治らない!原因はストレスが中心で必ずある。

●トイレが気に入らない
●猫砂が気に入らない
●生活の環境の変化
●トイレの場所が気に入らない
●トイレでの不快な経験からのトラウマ
●老衰
●発情行為(マーキング)
●飼い主にかまってほしい等の抗議の意思表示

それぞれ、上記の様な原因の場合の、対処法を解説。

SponsoredLink

●トイレが気にいらない

トイレの側面が汚れていないか?清潔になっているか。

他にも、大きさや場所、カバーの有無、縁の高さなどを改善してみるといいとの事。

飼猫の数+1 トイレは合った方がいいといいます。一つしかない時には、それとは違う大きさやカバーがあるものなどを選んで、設置してみるといいですね。

●猫砂が気に入らない

猫砂にも幾つもの種類がありますが、猫によっては、その材質や匂い、踏んだ時の感触や音を気にする猫もいるそうです。猫砂を変えたことによって粗相が起きたりしてないか?

など、以前との変化を確認してみるといいかもしれません。

猫砂を以前の物に戻したり、他の猫砂を試してみるといいですね!

 

●生活の環境の変化

部屋の模様替えでも、猫には不安やストレスを与えることがあるそうです。人間の都合で環境が変わってしまった場合に粗相をする事があるので、猫が落ち着いてトイレで排泄できるように、トイレの場所を幾つかに設置してあげてみるといいかもしれません。

 

●トイレの場所が気に入らない

視覚的な事、例えば人間でもトイレがひと目につく所だと嫌ですよね。ひと目の少ない所や、物音がなるべく少ない所にトイレを設置しなおしてみると改善されることがあります。

 

●トイレでの不快な経験からのトラウマ

その猫ちゃんにとって、トイレが不快な経験によって、トラウマになっていることがある可能性…例えば、『用を足している時に、大きな物音がなって驚いた。』とか、『おしっこをしている最中に、身動きが取れないことをいい事に飼い主に掴まれてキャリーに入れられた』等があげられます。

こうしたことがトラウマになっていると、イコール『トイレ』が猫に結びついてしまう…そして粗相となる可能性がある。

違うトイレを設置して、新しい環境でもう一度トイレのしつけをしてみるのが良いでしょう。

 

●飼い主にかまってほしい等の抗議の意思表示

我が家の猫の粗相の原因で、確実に一番大きいのがこの原因かなと思います。

猫が明らかに、ニャーニャーと呼んでいるのに、家事などで手が離せなくて無視せざるを得ない時、鳴き止んだなぁっと思って猫を見ると…布団やクッションの上で粗相している…。

沢山遊んであげましょう…

 

●発情行為(マーキング)

マーキングに関しては、去勢手術で治る!とは言い切れないそうですが、頻度は確実に下るのは間違いないそうです。

未去勢のオス猫の場合マーキング率は55%~99%

未去勢のメス猫の場合マーキング率は20%

去勢済みのオス猫の場合マーキング率は20%

と、去勢をしたとしても、マーキングを絶対にしないわけではないそうです。

 

またマーキングは、異性を引き付ける意味でする場合と、反応性の場合があるそうで、反応性のマーキングは、先程も上げたように、飼い主の無関心や愛情不足、外にいる猫による挑発、新参猫などの新しい同居動物など、原因は様々…

去勢手術は室内猫なら、確実にした方が良さそうですね…。

 

【関連記事】

猫(ティガ)の粗相の原因を突き止めろ!!…躾の問題なのか(T_T)

 - 猫の病気や解決法