*

ディカプリオ主演、華麗なるギャツビーの感想と憧れがリンク

   

華麗なるギャツビーは僕が何回も見る映画の一つ

レオナルドディカプリオが主演の、華麗なるギャツビーは、僕がよく見る映画の一つです。レオナルド・ディカプリオの映画で僕が見たのは…。

タイタニックは勿論、仮面の男、ギャング・オブ・ニューヨーク、ロミオアンドジュリエット…ッて感じですが、ディカプリオの映画を検索してみると、まだまだ見ていない映画は沢山。

検索してみて色々みたいなって思っています。

この華麗なるギャツビーと、ウルフ・オブ・ウォールストリートはかなり好きな映画なんです♪

スポンサードリンク

華麗なるギャツビーのあらすじ

舞台は1922年の世界トップとなった経済大国、アメリカニューヨーク。

 

大富豪ギャツビーを演じるのが、レオナルド・ディカプリオ、

そしてもう一人の主人公がニック。このニックが出てきた時はびっくりだった。

ニックを演じるのは、スパイダーマンの主人公だったトビー・マグワイアだったからです。

Tobey Maguire
Tobey Maguire 3, 2013” by Eva Rinaldi
Uploaded by MyCanonTobey Maguire. Licensed under CC 表示-継承 2.0 via ウィキメディア・コモンズ.

 

自分の中の好きな映画の主人公同士が共演って何だか不思議な感じがしたんだよね!

 

おっと!あらすじだった(笑)

そのニックが、思い出を語るかのように、話し始める…この時点で、ギャツビーは既に亡くなっているからだ。

そう、この話は、ニックの記憶の中の話。

 

ニックが、引っ越してきた場所は、ギャツビーの家の隣だった。

そして、ニックのいとこにあたる、女性デイジーとギャツビーの恋の話だ。

 

毎週末、ギャツビーの大豪邸には、沢山の人が集まり、パーティーが開かれていた。そこにある日、ニックのもとに、ギャツビーから招待状が届くんです。

 

ダンサーや、今風に言うとパリピ(笑)が、たくさん集まり、ダンサーや、賑やかな音楽に集まった人たちは酒を楽しむ。

でも、おかしなことに、ギャツビーがどこで生まれ、どうやって大富豪になり、パーティーでも彼の姿を見た人はいない位の状況だった。

そしてニックの前にギャツビーが現れる…。

 

そして、ギャツビーとニックは親しくなっていく。

しかし、そこにはギャツビーの企みがあった。デイジーとの再会だ。

デイジーとギャツビーは、結婚する予定だった。しかし、何故か結婚式当日、花嫁姿のデイジーはギャツビーを待っていたが、ギャツビーは手紙をよこし、式会場には現れなかった。

そして、デイジーは他の男性と結婚。

 

ギャツビーは、デイジーが結婚したことを知っていたが、デイジーへの愛は5年間変わらず…そして、デイジーと再会。

ニックと、デイジーをギャツビー邸に招待。

うん…ここからはね、ギャツビーとデイジーの恋のお話と、デイジーの旦那さんとの争奪戦ッて感じです。そして最終的には、ギャツビーは殺されてしまいます…。

 

と中盤から大分、端折ってしまいましたが(笑)

 

この華麗なるギャツビーと言う映画の、原作は『グレート・ギャツビー』と言う本だそうで、僕は本はたくさん読みますが、映画の原作とかの本は読んだことないので、いつか挑戦してみようかな?(;・∀・)

 

 

この映画の好きな所は、僕は結構、自分の思ったことややりたいことを本能のままに突き進む、主人公に憧れたりする部分があります(笑)

この華麗なるギャツビーにしても、ちょっと完璧主義者的な、ギャツビーの自分の夢を叶える一直線な感じが好きだったりします。

 

ウルフ・オブ・ウォールストリートは、ちょっとぶっ飛んでて、正直、何か僕の価値観が変わったと言うか、見たことない世界、体感したことのない世界観が好き。

何にしても、僕には常に憧れや、夢がないと頑張れないタイプなんだなって最近思います(笑)

 

ちょっと刺激が欲しい!!

と言う方には、この二本はオススメの映画でっす♪

 

スポンサードリンク

 - 映画