*

世界(日本)の面白いサービス民泊Airbnb編

   

今日は色んな情報を、いつもと変わらず、インターネット上で集めている中で、僕にとっては斬新で面白い、これから普及していくんだろうなと思うようなサービスを発見したので紹介してみようと思う。

『民泊』という言葉を知っているだろうか?

日本では、旅行先や、出張など、地方に出かける時にはホテルを取るのが普通でしょうね。

ですが、個人宅に泊まると言うのが、この民泊と言う事ですね。

それが世界では、既に、認知されファンが出来、Airbnb利用のファンで旅行を計画する人もいるほどになっているそうです。

 

Airbnbとは?

Airbnb(エアビーアンドビー)とは、

「暮らすように旅をしよう」をコンセプトに、世界中の人々と部屋を貸し借りするサービスです。

現在は、世界192カ国、35,000都市に約60万件の登録物件があり、毎晩50万人が世界中でAirbnbを使って旅行しています。登録された物件の中には、お城、ボート、ツリーハウス、島まるごとなどユニークなものから、普通の個人宅の一部屋やまるごと一軒家などが含まれます。

SponsoredLink

日本にも広がるAirbnb(エアビーアンドビー)

日本でも空き部屋を低価格で、旅行者に提供している人も結構いるみたいで、今浸透しつつあるそうなんですが、ここの部屋を貸す人すべてが空き家を持っている人ばかりじゃないということが、また驚きですね。と言うのは、今まさに自分が使っている部屋をルームシェア形式で貸し出すということも可能なんだそうです。

中々、全く知らない人が自分の部屋を予約して、一泊なり何日間かと言う時間を過ごす事に抵抗がない人は、旅人との楽しい時間を過ごすことも出来るかもしれませんよね!!

日本人は割りと神経質な方が多いと思うので、普及しないんじゃないかな?とは思いつつも、非常に面白いサービスだなぁと興味を持っています。

また、日本でこうした展開をしていくのに、引っかかるであろう、法律とか規約の問題。

 

これさえ突破すれば、日本でも例えば、Airbnb(エアビーアンドビー)専用の部屋を、借りて個人がビジネス展開をすることも出来る時代になっていくということですよね。と言うよりは、調べていると解ったのですが、既にそのビジネス展開をしている人たちは、日本にも存在しているようで、ある種の不動産業の様な感じでしょうか。

 

不動産業をしようと個人がすると、莫大な資金がいりますよね、しかし、空き部屋(一部屋)を用意して、必要な人に必要な時に提供できる部屋があったら、一つのビジネスとして非常に面白いと思ったわけです。

僕もまだ今日知ったばかりの、このサービスなんで、正直まだ良くわかっていませんが、ウェッブ上には既に沢山の情報があって、見ているだけでもワクワクする♡

よく、地方にいく、旅行をするという方には、知っておくと良いサービスかもね!!

かなり低価格だし、先ほどの様に、ルームシェア形式ではなく、完全な空き部屋を提供している人もいる。更には、そこは旅館やホテル並みに完備されている所も多いみたいです。ちゃんとウェブ上でビジネス展開されているサービスなんで、見てみる価値はあるかな?と思います。

 

もう一つ、僕が関心を持っているサービスは、一時的に世間では話題になっていたサービスで、クラウドファンディングというシステムです。

これは、ウェブ上で資金調達をするというシステムなんだけど、今起業家が増える中でそうした人たちが多く利用するサービスですね。

コレに関しては、僕は音楽業界で浸透すればいいのになぁって思っていたサービスなんだけど、そこで浸透させるには信頼とか色んな物が必要になってくるもんね(笑)ちょっとファンクラブとかの、進化版?みたいな部分はあるんだけど、ウェブ上だけでもこうした面白いサービス、まだまだ可能性のあるサービスと言うのは溢れかえってるんだなぁと思いました♪

 

 - 日常のブログ