ネットワークビジネスはやり方が古い!時代に合わせた集客方法

ブログ戦略
スポンサーリンク

ネットワークビジネスに挑戦して、僕自身は、
フロント(ダウン)に、ほぼ、友人や知り合いはいません。

 

殆どの方が、ネットワークビジネスというと、やり方として、
『友達や知り合いに、片っ端から声をかける』と言うやり方
をしていると思います。

 

いえ、そう言うやり方を教えられていると言ったほうが、正しいと思います。

 

僕も、そのやり方を教えられたけれど、実践しなかった。

 

スポンサーリンク

 

だって、これが友達をなくす原因や、嫌われる原因だという事を知っていたからです。

 

 

 

ネットワークビジネスのやり方が古すぎる現状

ネットワークビジネスをやったことのある人なら、
わかると思うのですが、『グループ』とか『チーム』というのが大体あります。

 

 

確かに、一人でやるよりも、多数でやる事の方が効率が良く、
また、成功法則を真似することで、成果が出る人もいなくはない。

 

 

また、勉強の場がある、環境があるということは、非常に重要でもあります。

 

 

しかし、そのやり方が、必ずしも、自分に合うか?
と言ったら、違うと思うのですよね。

 

セミナーなどは、確かに、会社の概要や、
自分がその会社や製品に対して、『確信』を上げる。
と言う意味では、非常に重要です。

 

 

 

そして、殆どのやり方は、

  • 友達や知り合いを、片っ端からリストアップ(100人)
  • 順番に声を掛けていく

というようなやり方がメインです。

 

 

今、成功者と呼ばれている人たちが、
そのやり方を教えてしまうと、殆どが、失敗を繰り返します。

 

 

最初から人脈があったり、ビジネスに興味のある知り合いが多くいる、
と言う人は、このやり方でも成功する場合はありますよね。

 

 

しかし、殆どの人がそうでない場合のほうが多いのです。

 

今、成功者と呼ばれる人って、殆どが5年〜20年選手の方々。

 

 

5年でも、時代の変化って、かなりあると思うのですが、それが、20年も前の人がやっていた事を、今の時代にやろうとしても、はっきり言って、時代遅れなのです。

スポンサーリンク

 

 

ネットワークビジネスに興味のある人。その会社の製品に興味のある人を集める

需要がある人に対して、勧める。
というのが、ビジネスの本質であると思います。

 

 

しかし、ビジネスに興味がある人。
また、製品に興味がある人。

 

この2つは、まったくもって、需要が違います。

 

 

製品はいいと思うが、ディストリビューターの悪い評判が
絶えないのは、この部分に原因があると、僕自身は分析します。

 

 

しかし、殆どの方は、製品に興味もない人も、
自分の売上の為に、勧めることもある。

 

この原因は、『集客の方法を知らないこと』に原因があり。
また、集客の方法を教える様なセミナーが、メインではないという事にも原因があるように思います。

 

 

今の時代、貴方は情報を何で得ていますか?

ほとんどの方は、スマホやパソコンなどで、
検索して、欲しい情報を探しているのではないでしょうか?

 

 

そう、口コミということ自体が、かなり時代にマッチングしていないのです。
欲しい情報は、自分自身で、その場である程度、得れる時代。

 

 

集客をしようと思うと、ネットを上手く使う事が重要になってきます。

 

 

 

しかし、ここにも問題が発生します。
ネットワークビジネスは、『口コミ』にかなりのポリシーを持って、
展開しているビジネスなので、インターネット上で、
製品やビジネスの展開に規制をしている場合が殆どです。

 

 

その中でも、僕自身は、インターネットやSNSを使って、
集客をしたからこそ、友人や知人が殆どいない状態で、
ネットワークビジネスを展開することが出来ました。

 

 

勿論、その会社のコンプライアンスに、違反はしておりません。

 

ネットワークビジネスで、インターネットを使って、
集客をしようとしている人は、多数いると思うのですが、
殆どの方が、そのやり方が解らない状況だと思います。

 

僕自身も、かなりの試行錯誤を繰り返し、これを作ってきました。
そして、これをネットワークビジネスに興味のある人に、しっかりと、伝達できるように、今、仕組みを作っています。

 

 

ブックマークお願いします!
ヒロ兄を応援する!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました