SNS税って何!?日本はいつ?金額や税率がヤバい…

ウェブ関連
スポンサーリンク

SNS税がこれから、日本にもやってくる!?

 

Twitterのフォロワーさんのツイートを見て、『ん?そもそもSNS税って何だ!?』って、思ったわけです。
日本は、税金がどんどん増えて、本当に、将来が不安な状態にどんどんなっているようにも、思いますね。

 

 

ということは、このSNS税というのが、新法案として、確立する日が来る可能性も、充分にありますね。

 

 

スポンサーリンク

 

こんにちわ!
愛知県の自由人、ヒロ兄です(*^^*)

 

SNS税って、聞いたことありますか?
僕自身、初めて聞いたんですが、日本にも将来、課税されるかもしれない、税金の一種。

 

 

では、そのSNS税って、そもそも何なのか?
いくら位税金が取られるのか?

 

まだまだ、未知の世界だけど、気になりますよね。
実は、このSNS税…、既に海外で、実施されており、国民から反感を食らっていますが、強行突破しています(笑)

 

 

そのSNS税を、導入している国とは…

 

 

ウガンダ

また、マニアックな国だなぁ…って思ったけど、それくらい、国にとっては、税金を取れる見込みが高い物だったのでしょうね…。

 

その導入に関しては、原因や理由もあったことでしょうから、もしかしたら、日本にも来るかもしれない、SNS税を調べてみました。

 

 

そもそもSNS税って何!?ウガンダの税率や金額は?

SNS税は、2018年7月1日から、ウガンダで始まった、課税制度。

 

プロバイダとは別に、Instagram、Twitterや、フェイスブックを利用するのに、別で、料金を払うと言う、税金。

 

 

この、SNS税が導入された理由が、『SNSを使って、政府批判をする人が多いこと』が、原因になったと言われています。

 

その発案した人が、ムセベニ大統領。
この大統領、30年以上も大統領で、い続けているということにも、凄くビックリですね。
日本では、ありえないこと。

 

このムセベニ大統領は、以前から、SNSを批判していた様子。

 

ウガンダ政府のSNS税の目的(表向き)

『社会の秩序や安全を守るため』

 

ウガンダ政府のSNS税の目的(裏側)

『SNSによる、ゴシップの拡散制御』
『国の借金や補助金を減らす』

スポンサーリンク

 

 

SNS税の金額は?いくら?

SNS税の税金は、いくらなの?
ってところが気になりますよね。

 

もしも、日本に、SNS税が導入された時の、指標にする人もいると思います。

 

SNS税は、一日に日本円にして、5.8円(年間2,100円)

 

 

あ、年間、2,100円程度か!
まぁいいじゃん!!

 

なんて思ったら、大間違い!

 

 

日本と、ウガンダでは物価の違いに、かなりの開きがありますからね!!
ウガンダの方の、総所得が約70,000円と言われています。

 

日本にもし、SNS税が導入されて、ウガンダをモデルにして、そのまま、導入されたら、年間30,000円をSNS税として、取られる…
と思ったら、どうですか??

 

 

日本に、SNS税はいつ導入されるのか?

もし、日本に導入されたとしても、日本の場合は、その理由付けが問題ですよね。
『政府批判の拡散制御』とか、今更ですし…(笑)

 

いつ導入されるのか?

 

時期的なものや、税率的なものは、日本では、まだまだ検討案すらありません。

 

 

が!可能性は0ではない!

 

仮に導入されれば、かなりの批判が出るとは思いますけどね(笑)

 

 

他にも、インターネットに関する税金はことごとく失敗?

他にも、SNS税ならぬ、インターネット関連に、税金をかけようとした国がありました。

 

 

  • ハンガリー…インターネット税(撤廃)
  • 欧州…リンク税(2019年1月決議)

 

 

こうして、インターネット関連にも、何かと税金をかけようとしている国は、ありますね。
日本も、SNS税とは謳わなくても、インターネットに関する何かしらの税金がかかってくる可能性は、充分にありそうです。

 

 

【関連記事】
Twitter集客のコツと成功例!個人が稼ぐ時代と有効利用
SNS戦略の事例と課題!それぞれのメリットと集客方法は?
ブログで何を書けばいい?毎日ネタが沢山!僕が実践した悩みを解決した方法

ブックマークお願いします!
ヒロ兄を応援する!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました