自分の時間が欲しい!仕事、会社に縛すぎ!拘束時間を減らす方法とは…

日常のブログ
スポンサーリンク

30代にもなると、自分の時間が、中々取れない…
平日は仕事…家族サービスなど…会社や組織に
自分の時間を、費やしてしまっている事に、
自分の人生って、これでいいのだろうか?

 

こんな事を思ってしまうこともあります。

 

自分の身体がもう一つあったらな…
なんて、発想を持った事がある方もいますよね!!

 

スポンサーリンク

 

自分の身体がもう一つってのは、物理的に無理があることは
誰だって解る。

 

 

仕事が原因で、自分の時間が無いという事は、
自分の代わりに仕事をしてくれる『人』や『モノ』を
用意すればいいんじゃないか?

 

というのが、僕の発想だ。

 

 

自分の時間が欲しいと思っている人にとって、
問題点は、自分の時間が増えた所で、収入が減ってしまうこと。

 

 

仕事を辞めてしまえば、時間は出来るけど、
収入がなくなる。と言う、思考が働く。

 

自分の時間がないけど、人を雇うことは経済的に無理…?

単純に、自分の体がもう一つあったら、

  • 会社で働くなど、お金を稼ぐ自分
  • 自分のやりたいことを楽しむ自分

と言うふうに使い分けるだろう。

 

 

でも、実際は、自分が二人…双子でも無理である。

 

 

では、自分の代わりに自分の給料より安く働いてくれる人を
探して、雇えばいいのか!!
※会社的に無理とかの発想は置いておこう。

 

 

 

例えば、現時点で、自分の給料、日当が20,000円だったとしよう。
ならば、自分の代わりに10,000円で仕事をしてくれる、自分の代わり
を探したなら、自分は仕事をしなくても、10,000円が入るわけだ。

 

 

これが理解できない人はいないでしょうね。
しかし、これを同具体化していくかが、ポイントなわけです。

 

 

実質、会社の仕事を給料を払って、他人に任せることは無理ですから、
その仕組を理解したら、その仕組を何で作れるかを考えるわけですよね。

 

 

仕事や会社の組織図には自分の時間を作るヒントがある!!

会社の組織図は、自分のポジションを明確化してくれる部分でもある。

 

 

自分が平社員なら、一番下の改装。
この部分は、会社の中でも、一番時間と体力を奪われる。

 

 

このポジションを、もうひとりの自分にやってもらいたいと思う人が
多いのは確かだ。
そして、一番、体力も時間も使うのに、会社の組織の中では
一番、給料が少ない部分の人達
でもある。

 

 

 

次に、マネージャーや役職は、人を管理する上で、
人間関係や、批判されがちなポジションでもある。

 

これに関しても、肉体的苦痛は、平社員などに比べたら、
少ない傾向にあるが、人間関係などの精神的苦痛が
大きくなる傾向にある。

 

そして、平社員よりも肉体的な仕事は減るかもしれないが
仕事量としては、増える傾向にある。

 

 

勿論、このポジションでも、自分がもうひとりいて、
そいつに任せたい…なんて思う人はいると思う。
※収入的には、平社員よりもいいのは誰もが承知です。

 

 

 

では、上記のポジションの中で、社長はどうだろうか?
勿論、自分の仕事がある中で、そんなに忙しそうには見えない…
※実質そうじゃないけど、そう見えるという話。

 

が、会社組織の中で、一番給料がいいのもこのポジションだ。
そして好きなことをやっているようにさえ見える。

 

社長というのは、その代わりに、社会的責任というものが
とてつもなく大きい。
下にいる、社員たちの生活も全てを握っているのだから。
※勿論、会社の中では、収入もこのポジションがトップ。

 

 

と言う部分で、簡単ではあるが会社と言う部分の組織図で、
自分がどのポジションになったら、どんな環境になるのか?

ということが、大体は予想は出来るだろう。

 

 

じゃ、社長になろう!!

 

 

と言う、単純な発想から始まる。

 

しかし、実際は、

  • 社長ってどうやってなるの?
  • 何の会社をやっていいのかわからんし…
  • そもそも社長になるために会社を立ち上げるなんて、お金ないし…

となっていくわけです。

 

 

自分の時間を作るために、自分の代わりに働いてくれるものとは…

ここで、ブログが登場するわけだが…

 

ブログが収入を生む仕組みについては、
他の記事で、図解で開設しているので、
そちらを参照して頂きたい。
→ブログで一般人が収入を得る仕組みを図解で解説!!

 

 

この記事で、僕が伝えたいことは、ブログが続かない人や、
収入の仕組みを頭で描けていない人に対して、
ブログの可視化をしてみたいと思って、この記事を書いている。

 

 

ブログを運営するということは、貴方は社長のポジションなのだ。

ブログで、ビジネス、アフィリエイト、アドセンスなどに挑戦する人は、
まずは、100記事書きましょう!!
なんて、フレーズはよく聞く言葉だ。

 

 

ブログで100記事を書こう!その意味合いとは…

この100記事は、社員やアルバイトを雇うことと同じと、置き換えられる。

 

 

ブログ本体が、会社と考え、
記事を100記事書くと、その記事たちは社員やアルバイト
となる。

スポンサーリンク

 

 

そして、1日1記事を更新していって、約3ヶ月で、100記事を
達成するわけだが、その中から、過去に書いたもので、
検索(Googleやyahoo)から、何もして無くても相手から
ブログに、訪問してくれる記事が現れてくる。

 

 

ブログ記事100記事を作ったら、『役職を作ろう!!』

※勿論、キーワード選定と言うタイトルの付け方や記事の書き方が正しく
出来ている状態で、100記事を書いた時の話である。

 

 

役職記事に、社員やアルバイト(応援)を作ろう!!

Googleやyahooから来てくれる、検索に強い記事を
会社組織で言う、『役職』に引き上げてあげる。

 

赤丸=アクセスを集めてくれる記事=役職記事

そして、その役職には、その部門の社員やアルバイを
更に付け加えてあげる(内部リンク)

 

 

ほら…、会社の組織図が出来てきた!!

 

アドセンスの場合は、アクセスを大量に集めることで、
報酬が左右されてくるので、特に、広告の配置などを
意識しないでも、アクセス数を稼いでくれる記事を
作ることが重要。

 

そして、その記事に、関連記事や、内部リンクを貼ることで、
読者が更に、ページを読みすすめる。
という事は、PV数が増えていき、更に、読者の滞在時間が
増える=Googleの評価も上がる。

 

 

ブログがお金を生み出す事で、自分の分身が出来る

冒頭の話まで遡るが、インターネット上に、自分の代わりに、
お金を生み出す仕組みが出来るというのが、ブログの強み。

 

そして、その記事がインターネット上で、収入を作ってくれる
メリットというのは、かなり多い。

 

  • インターネット(ブログ)は、24時間営業
  • 貴方が寝ていようが、遊んでいようが、貴方の代わりに人を
    集め、ブログから収入を生み出してくれる。

  • 仕事を休んだりしない
  • 人を雇うと、その人はモチベーションで仕事をサボったりする。
    が、ブログの記事は無感情。
    人を雇うと、風邪や体調不良で、急に仕事を休んだりして
    しまう可能性があるが、ブログは、風邪や体調不良を
    起こさない。

  • 余分な人件費はいらない
  • 人を雇うと労働基準法などで、休憩の時間や
    休日を取らなくてはいけないので、余分に人を雇う必要がある。
    が、ブログに休憩時間はいらないので、24時間365日休まず働いてくれる

と言う様に、

自分のブログ記事が検索の上位に表示がされていての
前提ではあるが、ブログのメリットは十二分にある。
※勿論Googleのアップデートを食らうこともあるが…

 

自分の時間を増やしてくれる、自分の代わりに働いてくれると言う
観点で見れば、ブログというのは、十分に可能性があることと言える。

 

 

 

ブログを書く時間は、自分の時間を奪うこと??2つの解決法

え?会社や仕事で、自分の時間がないのに、
ブログを始めたら、もっと時間が無くなるやん!!

 

 

と思う人も中にはいるだろう。

 

そう最初は、自分の時間がただでさへ無いにも関わらず、
その時間を更に、投資する必要性はある。

 

 

将来の時間の為に、時間を投資するということを考えれば、
変に高額な塾に入ったりするよりも、上等な投資だと思う。

 

まずは、マニュアルなどに投資して、そのマニュアル通りに
実践してみる。ということが必要になってくる。

 

行動を起こさなければ、絶対に状況は変わらないからだ。

 

 

その今ある時間を、どれだけ将来のために、自分の為に
投資できるかと言うのは、現時点では必要なこと。

 

 

しかし、どうしてもその状況が難しい場合や、ブログ記事を書くことが
ストレスになってしまうときもある。
人を雇うのと同じで、僕自身や貴方自身も『感情』をもっているからだ。

 

 

それを解決してくれるのが、ブログ記事の外注化だ。

 

ブログの記事を仕事や会社から帰ってきて、毎日1記事を
継続して書き続けるのって、かなりメンタルが強くないと
出来ません。

 

だから、ここで、お金を使って、面倒な記事は、人に書いてもらうこと。

 

お金の投資が必要になってくる。

 

 

僕自身も外注化は、踏み切るまでに時間がかかった。

 

それは、人にお金を払うという投資意識がまず低いこと。
しかし、僕が今年に入って、外注化の教材を購入して、
実践し始めてみたら、2月7日から現在3月26日まで、
1日たりとも、更新が途切れていない。

 

 

そして、外注化というのは、お金がかかる!!
というのも、イメージとしてはあるだろう。

 

マニュアル通りにやれば、1記事200円〜300円で、
記事を書いてくれる外注さんがいるということを、皆は知らない。

 

 

僕自身も、これは、マニュアルを購入したからこそ、
知ったこと。

 

思った以上に、想像以上に、外注化へのハードルは下がった。

 

自分の時間を増やすために、自分の時間を投資するか
お金を投資するかは、自分次第だ。と改めて思う事。

 

 

そして、ブログ記事を書くことを始める人、始めない人の
たった2つのパターンの、『選択の違い』だけで、今後の人生の
自分の時間を作ると言う部分では大きく差ができてくる事は
革新している。

 

ブックマークお願いします!
ヒロ兄を応援する!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました