会社員に影響する4つ!コロナの対策で出来ることのステップ!!

考え方・マインド
スポンサーリンク

今日も朝から、『すぎTチャンネル/元教師』さんのYou Tubeチャンネルで勉強をしていました。

 

コロナ不況で、会社員に影響する4つ!!

  1. 失業
  2. 倒産
  3. 給料カット
  4. スタグフレーション

と言う、4つのことを話してくれていましたが、実際、会社員がこれからの
Withコロナの時代をどう生き抜くかということにも、話をしてくれていましたよ♪

 

 

毎回、参考になる動画を配信してくれている『すぎTチャンネル/元教師』さん!!

 

動画で確認したい方は、下記の動画是非見てくださいね♪

 

ということで、今回の動画をみて、僕なりのアウトプットとして、
ブログにも書いていこうと思います。

 

 

会社員にコロナ不況で影響する4つのこと!!

冒頭でも書いたように、以下4つのことが、今後、会社員の方にも起きてくる事。

  1. 失業
  2. 倒産
  3. 給料カット
  4. スタグフレーション

 

 

一つずつの事も詳しく話してくれていましたので、要点をまとめてみました。

 

失業

日本は大丈夫だろう、と思っている人もまだまだ多いように感じ、
どこか他人事のような雰囲気を感じるのは、僕だけでしょうか?

 

既に僕の周りからも、いくつかの知人から、売上0になってとか
仕事がなくなったと言う話を、耳にするようになったのは事実です。

 

 

その中で、アメリカでは、4月23日の時点で、2,600万人の人が失業保険の申請をしているということなのですよね。
これは、あくまでも失業保険の対象の人の数なので、
アルバイトや派遣の方が先に、基本的には切られるので、
実際は、4,000万人以上の人が、職を失っていると予想されるのだそう。

 

 

そして、すぎTさんの予想では、日本でも、数万人から数十万人の人が
失業をすると予想していました。

 

 

アメリカで起こっていることは、基本的には、日本にも来ます。
これもほとんどの人が、あまり関心を示さないのですが、
本当に、アメリカで起こることは、日本に来ます。

 

大事なことなので、2回言いました。

 

 

倒産

会社員の方にもコロナ不況で影響が起こることの2つめ。

 

会社自体が倒産するということです。

 

 

自分は大丈夫…とどこかで思っている方。
あなたが勤めている会社が、倒産しないというのは、何の根拠ですか?

 

 

僕が好きで見ている、鴨頭嘉人さんという方のYou Tubeの情報では、
10年後に生き残っている会社は、過去のデータから、たったの4%と言う
数字が出ているんですよね。

 

 

しかもこれは、鴨頭さんが適当に行っていることではなく、
厚生労働省の調査の数字です。

 

コロナがないにしても、10年間生き残る、会社がたったの4%。
10年後には、96%の会社がなくなっているということを考えると、
今まで、あなたの会社が倒産しずに、続いてきたことがどれだけ
ありがたかったことか。

 

 

この10年のスパンのデータも、今回のコロナ不況で、数字が更に
下がるでしょうね。
そして、コロナと言うウイルスの影響で、数ヶ月と言う、凄く短い期間で
会社が倒産ラッシュに入っていくことは予想できますよね。

 

 

給料カット

そして、もし、上記の倒産が、免れたとしても、会社員・サラリーマンの方は
給料カットされる可能性が出てきます。

 

 

あなたの会社が大丈夫だったとしても、周りの会社は大丈夫ではありませんよね。

 

そうすると、取引先が倒産してしまったり、大口の取引先に影響が出れば
当然、お金が回らなくなり、取引も少なくなります。
となると、あなたの会社が倒産を免れるためには、給料をカットするしか
会社の手段としてもなくなりますよね?

 

 

スタグフレーション

スタグフレーションという言葉の意味は、
景気が悪くなっていくのに、物価は上昇してくる状態のこと
をいいます。

 

 

何故、コロナでこうした減少が起きるのか?
という事は、発展途上国に感染が広がると、経済は止まりますよね?
そして、発展途上がお金を回すこともできなくなる。

 

負の連鎖が起きる訳です。

 

このスタグフレーションの解決や対策は、国や政府でも難しいと言われています。

スポンサーリンク

 

 

 

会社員やサラリーマンが今、出来ること!コロナ不況への備えの4つ!!

基本方針:自力で食っていける人になる

すぎTさんが、基本方針として、言ってくれていることは、
凄く共感しました。

 

 

ここ数年、副業の時代、複業の時代と、このブログでも至るところで
発信してきましたが、殆どの方は、無反応。

 

 

数人、ブログやインスタから連絡をいただくことがありましたが、
やはり行動できる人って、本当に少ないわけです。

 

これから起きる状況を目前に、動き始めていても遅いのですが、
急ピッチで動くことは出来ると思います。

 

でも、実際に何をしたら良いの?
っていう、サラリーマンや会社員の方が大半ということで、
すぎTさんから、アドバイスが4つありましたので、ブログにもまとめておきますね!!

 

 

その1:スキルアップ

すぎTさんも動画で話していますが、
スキルアップと言うと、資格を取っておかなきゃ…と言う人が本当に多いのですが、
資格って、会社があっての意味を持ちますよね?

 

 

 

そもそも、その資格取らなきゃ!が、雇われマインドだということ。

 

すぎTさんは、動画内で、国家資格以外はなくてOKと解説しています。

 

 

スキルアップとして、上げられている6つのこと、

  • プログラミング
  • マーケティング
  • デザイン
  • 心理学
  • コピーライティング
  • 医療関係

 

 

この6つはこれからの時代にも、通用するものとして上げられています。

 

更に、これを見せる実績があると更に良いとおっしゃっていましたが、
僕もとても共感!!

 

資格<スキル<実績

が重要になってきますね!!

 

 

その2:辞めない

今、会社が残っている方は、辞めないと言う事が重要だと。

 

先行きが不安だからといって、辞めてしまうのはリスクになります。
転職をしようとしても、今、転職するのは危険。

 

どこも人を減らすことを考えているのに、転職するつもりが
職がなくなってしまう可能性が高いわけです。

 

 

今の状況の中で、自力で稼ぐことへの挑戦を、始めるというのが
良いと、推奨されていましたね!!
今の時期、有給なども取りやすい状況だと思うので、
勉強の時間に、何かのオンラインセミナーに参加してみる、
自力で稼げる可能性のあるところに投資してみるということです。

 

 

その3:現金の確保

これは、ハイブランドを買ったり、食費をかけたりと言う贅沢を抑えてと言う意味です。

 

自力で稼ぐ力をつけるために、ただで教えてくれるところなんてありませんから、
その中で、投資は必要になってきますからね…。

 

 

その4:インフルエンサーに注目

テレビでネガティブな情報ばかりを取っている人は、
直ぐに、インフルエンサーの動画や情報を取ることへシフトすることをおすすめします。

 

インフルエンサーは、自分たちが情報を発信するために、
膨大な情報や本、データを調べた上で、動画や文字で発信していますよね。

 

 

すぎTさんがおすすめしているインフルエンサーは、
本田健さん、堀江貴文さん、橋下徹さん
落合陽一さん、橘玲さん、茂木健一郎さん、メンタリストDaigoさん、中田敦彦さん。

 

 

僕は、この名前が上がっている人たちの4割くらいの人は、情報をとっていますが、
結局、動画をみて、どう行動に起こすかが重要で、
動画を見て、勉強になったぁ!!では、意味がないですよね。

 

ここを意識しないと。

 

まとめ

最近、毎日拝見させていただいている、すぎTさんの動画、
口調も柔らかで、解りやすい表現が多いので、非常に参考になります。

 

 

僕もこの動画を見て、今日は、プレゼンテーションの作成をしようと思いました。

 

これからに強い、働き方はこう!!
というのは、僕には僕の信じた道があって、そして、
このコロナだからこそ活きてくる!!
と、確信があるので、スピーディーに行動しようと思います。

 

 

【関連記事】
https://music612.wp-x.jp/5568.html

顔出しなしで在宅副業の始め方と種類の5つ!
在宅ワークや副業と言うと、顔出し鉄板!と、思い込んでいる人が多くいますが 顔出しなしで、始めることは出来ます!! 顔出しなしで、副業を探している、会社にバレたくないなどの 理由で顔出しなしで出来るモノを探している方に、 ...
ブログで一般人が収入を得る仕組み!図解で詳しく解説
こんにちわ! ヒロ兄です(*^^*) 今日は、一般人の僕が、ブログで収入を得る仕組みを作り上げた、 実体験の解説をブログでシェアしてみたいと思います。 これまで、僕自身も沢山のブログを立ち上げ、 ど...
ブックマークお願いします!
ヒロ兄を応援する!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました