武漢研究所が消えた?破壊された!?google map(Earth)が更地で取り壊し!?

日常のブログ
スポンサーリンク

色々話題になっている、武漢研究所が消えた!?

 

googlemap、Google Earthから消えたと話題の武漢研究所。
この情報を知ったのは、
「新」経世済民新聞 三橋貴明 公式チャンネル
と言う、ユーチューブチャンネルなんです!!

 

本当なの?真実は?
何で消えたの?隠蔽工作?
と、気になって、この動画を見入ってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

上記の動画を発見して、気になったのは、
何よりも、武漢研究所が、Google Earthから消えた!
と言う文字ですよね…。

 

 

河添恵子さんが、中国語で、武漢研究所を検索(1月下旬)して、地図上にマーキングをしていた。
そして、最近になって、再び同じ作業(4月)をしたら、無くなっているということなのです。
このことについては、動画の11:35頃から話していますね。

 

武漢研究所の位置はどこらへん?

ウイルスが出た市場と言われれる場所から
そんなに遠くない場所にあるようですが、
中国語の記事の地図なので、よくわかりませんでしたけどね…

 

上記の写真の場所が武漢研究所があった場所と思われる。

 

 

上記地図から見ると、赤丸辺りが武漢研究所が会った場所と思われるんですよね。
でも動画で、河添恵子さんは、2箇所あるとも言ってたので、
こっちが消えたほうなのか?
という事は、僕たちには解りません。

 

 

動画で話されていることは、
Google Earth上では、赤土になっている(更地)
これは爆破したというのは本当なのか?
と思ったのだとか。

 

Google Earth上で、アップしてみると…

スポンサーリンク

 

この辺りだと思うのですが、
更地になっていたり…動画で語っているような
見れなくなっていると言う状況ではないんですよね、。

 

 

以前は英語でも地名があったということなんですが、
現在は、その言葉すら消えてしまったということらしいのですよね。

 

 

っと、こんな日本のメディアでは語られない情報を発信している
河添恵子さんって誰?ってことが気になる…。

 

 

河添恵子さんって誰?Wikiは?

 

河添恵子さん
株式会社ケイ・ユニバーサルプランニング代表取締役
日本のノンフィクション作家

千葉県松戸市生まれ。
幼少期を福岡市、東京都、名古屋市、愛知県春日井市等で過ごした。
愛知県立千種高等学校を経て、名古屋市立女子短期大学(現在の名古屋市立大学)を卒業。
1986年(昭和61年)から中華人民共和国に留学[2]、同年秋からは北京外国語学院、翌1987年(昭和62年)からは大連の遼寧師範大学で学んだ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E6%B7%BB%E6%81%B5%E5%AD%90

 

調べてみたら、以外や意外…
名古屋にも関係ある方だったということがわかり、
勝手に親近感がわきますね(笑)

 

そして、実際に中国に留学経験もあるということで、こうした海外の情報にも
僕たち以上に、抵抗なく触れられるような方と思います。

 

 

2007年(平成19年)以降、『産経新聞』『正論』『WiLL』『テーミス』などで中国の脅威を主張するようになった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E6%B7%BB%E6%81%B5%E5%AD%90

 

10年以上前から、中国の脅威を主張という事は、
それだけ、中国のことに関しては、かなりの情報を持っていると思われるので、
こうしたYou Tubeでの発信も、注目したい所ですね。

 

 

【関連記事】
コロナ予言していた映画!?コンテイジョンとの10個の類似点!?
5月11日に首都直下地震・南海トラフが直撃!?予言した人と信憑性は?

ブックマークお願いします!
ヒロ兄を応援する!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました