*

ESPギターフルオーダーReiraオリジナル”WILDBOAR CTM-550”

      2016/01/05

と言う事で、こちらも以前も書いたブログに類似してしまうのですが、ブログを移動すると、必要コンテンツまで使えなくなってしまうから大変よね(苦笑)

 

 

と言う事で、僕のギターちゃんの紹介。

 

 

 

 
ESPギターフルオーダーReiraオリジナル”WILDBOAR CTM-550”

ESP オーダー

これが出来上がった時の感動ったらもうね…(笑)

凄く嬉しかったですよ(笑)

自分で中学生の時に、いつかオーダーして自分のギターを作るんだ!!
って、ノートに書いてたイラストずっと持ってて(笑)

そのイラストから、これを作るにあたって、担当してくれたYさんが、実物大に書き直してくれて…。

 

今でも、ギターを持って行けばピッカピカにしてくれるのです♡
ギターを作るに当たって、木材とかの事も無知だった僕に丁寧に色々教えてくれました!!

 

オーダーメイドギターのスペック
Body: White Ash Top
HondurasMahogany Back
Neck: HardMaple 3P
Fingerboard:Ebony 24F
Scale: 25.5inch(648mm)
Joint: Set Neck(Deep Joint)
Bridge: FloydRose Original
Pickup: (Front)Duncan SH-1n
(Rear)Duncan TB-14
Control: Master Volume
PU Selector
Direct SW

そして、BIGBOSS名古屋店のHPにも、紹介して頂いてます♪(リンク)

 

 

 

 

名前の由来

忘れもしない、このギターの名前の由来…。

名前まで、自分で決めれるんだ!?と、ウキウキしたのを覚えてますが(笑)

 

とは言うものの、ギターの名前ってどうつけていいやらって感じだったのですが、色と形が既に、確定していたので、そのビジュアルからイノシシっぽい!!って言う発想(笑)

 

因みに僕は、猪歳なので(歳バレる…)ドンピシャじゃん!!

って言うね(笑)それを、猪を英語にしたら、何になるの?って検索して、この名前になりました(笑)

 

 

今はメインで使っていない理由は…

これだけ、嬉しかったギターですから、当然ライブでもガンガンに登場させてあげたいんですが、実は…ちょっと欲しい音域が出ないと言う問題がありまして(苦笑)

 

と言うのも、元々、今のバンドの時に作ったギターではないので、音の方向性とかも、全部以前のバンドの自分の位置に合わせる様に、こんな音域が欲しいと木とかを選んでしまっているので、現在のバンドには、ちょっと合わなかったり(苦笑)

その分、今家で、レギュラーチューニングにして、コピーとかする時に、かき鳴らしています(笑)

 

因みにね、オーダーメイドするとギターのお値段気になるでしょ(笑)

大体、ギターの最後についてる数字に、0が幾つかつくと、そのギターの定価になるんですね。毎年、木の希少価値があがって、今、同じギター作ると…ctm-850位って言われました(苦笑)

 

暫くローンと言う言葉は聞きたくないので、作りません(笑)

 

でもね、やっぱオーダーしてる時って、無駄に進行状況とか気になって、やたら楽器屋さん行くよ(笑)

何か変化がある度に、テンションが上がります♪

 

img20061207_m200img20061209_m200

img20080109_t

 

オーダーしてもらう、ブランドは違うかもしれませんが、ギタリストなら、自分のオーダーメイドギターって一度は絶対夢見るものだと思います(笑)

 

Reira

【関連記事】
【使用機材】Rocktron Cameleon+VHT2902【レコーディングサンプルあり】


楽器の事なら石橋楽器!

【楽器買取ネット】

【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム

スポンサードリンク

 - 機材関連