元V系バンドマンのバイト遍歴…派手髪、ピアスでも出来る仕事の経験

音楽・バンド履歴
スポンサーリンク

V系バンドマンって、バイトに凄く苦労しますよね…
僕も現役時代は、かなりバイトに苦戦しました。

 

面接に行っても、髪の毛の長さや茶髪程度でも、落とされたり…
しかし、バイトも見つかればバンドの為!と思って、しっかり働いて
それぞれのバイト先で、信頼してもらえるように、心がけてきました。

 

その結果、ほとんどの過去のバイト先では、バンドのための休みというのは
優先的に取らせてもらったり、応援してくれる人も増えていたように思いますよ(*^^*)

スポンサーリンク

 

元V系バンドマンのバイト遍歴という事で、
実際に僕自身が、やってきたバイトを紹介します。

 

 

元V系バンドマンのバイト一覧:過去の実経験

僕の場合、そんなに派手髪というわけではなかったですが、
世間一般からしたら、やっぱり明るい髪色と言う状況ではありましたね。

 

そして、何よりも、バイトの邪魔をしたのが、髪の毛の長さでした(笑)
仕方ない…V系バンドには、キャラクターがあって、そのポジションを仕事やバイトに
合わせることは出来ませんからね…。

 

 

その状況の中でも、バイトが出来たものは、

  • 引っ越し屋のバイト
  • 工場でのピッキング作業
  • パチンコのうちこ
  • バチンコ屋の従業員
  • 居酒屋のバイト
  • 派遣の登録
  • 現場仕事

と言った感じでしょうか。

 

まぁ、間違いなく、普通の仕事は出来ません。

 

 

僕のポリシーの中で、水商売だけはやらないと決めていたので、
それ意外だったら、どんなことでもやる!と言う覚悟はありました。

 

 

V系バンドマンとなると、衣装代や、CD作成費、ライブ活動(遠征)と言う形で、
すごくお金がかかるので、やっぱり、時給や日当が高めのバイトを選ぶ必要性もありましたね。

 

 

V系バンドマンのバイトで時給や日当が高かったのは?

バイトの単価が高かったのは、『現場仕事』と『パチンコ屋の従業員』でしょうかね!

 

僕自身、先程あげた一覧の中でも、現場仕事とパチンコの従業員は
結構長く勤めていました。

 

 

V系バンドマンのバイトで時給や日当が高いパチンコ屋

 

パチンコ屋の従業員は、時給が1200円以上がほとんどですから、
普通のバイトと比べてもやはり、いいですよね!!

 

今は、パチンコ業界がかなり、窮屈な状態になり、大手パチンコ屋しか
生き残れない状態になって来ましたが、僕は当時、小さいパチンコ屋を
なるべく選んで、面接
に行っていました。

 

今のパチンコ屋は、ほとんどが玉を下ろすこともなく、
全て、機械で出来るので、巡回だけ(ただただホールを歩き回る)
事がほとんどでしょう。

 

そして、時給1200円あれば、8時間労働で、9,600円はもらえるわけです。

 

 

更には、営業時間が長いので、早番、中番、遅番とあり、
バンドマンにとっては、シフトを組みやすいことも一つのメリットでした。

 

大体、

  • 早番は、8:00〜17:00
  • 中番は、14:00〜22:00
  • 遅番は、16:30〜0:30

と言った所でしょうね!!

 

 

V系バンドマンのバイトで時給や日当が高い現場仕事編

スポンサーリンク

現場仕事時代の、日当は12,000円!

 

たまたま、勤めていたパチンコ屋の従業員時代に、常連さんであった
一人親方の現場職人さんと、仲良くなったことで、始めたのが
現場仕事でした。

 

 

お誘いを頂いた時に、バンドをやっていることで、休みを結構もらわなくては
いけないなどの、事情を話した上で、了解を頂いた上で働いていました。

 

現場仕事と言えば、汚い、力仕事、辛いなどのイメージを持っている方も
多いかもしれませんが、実際は、建築系の仕事でも、職種がたくさんあるのです。

 

 

僕がやっていたのは、アルミ手すりの取り付けなどで、新築アパートなどの
バルコニーの手すりや、かさぎをつける仕事だったので、
使うものと言ったら、インパクトやスケール(メジャー)位で、
そんなに汚れることもなく、プラモデルを作っている間隔でバイトをさせてもらいましたね。

 

現場のバイトで辛かったのは、唯一、朝が早いこと。
バンドマンは夜型の方が多いと思いますし、僕自身もかなり夜型でした。

 

V系バンドマンのバイトで、自由度が高かったものは?

 

これは、間違いなく、パチンコ屋のうちこです。

 

 

これも知り合いからの紹介で、やることになったのですが、
前日に休みを申請すればOKということもあり、
休んでも誰かに迷惑がかかるわけでもないので、
気持ち的には、楽でしたね!!

 

ただ、一般でバイト募集に乗っているものではないので、
運や知り合い(人脈)が必要になりますよね。

 

そして、とにかく、拘束時間が長かったのが、苦痛でした(苦笑)

 

 

12時間拘束されて、日当1万円だったかな…。
時給にすると、大体900円位ですね!

 

昼休憩は、もらえましたけど実質11時間労働。

 

週払いや日払いにも対応してもらったので、バンドをやっている身としては
凄く助かりましたね!!

 

 

また、バンドではリーダーをやっていたので、事務所の人間と
急な打ち合わせなんかもありましたから、前日に休めるのは
かなりメリットが大きかったかと。

 

元V系バンドマンのバイト遍歴…派手髪、ピアスでも出来る仕事は人脈が命

V系バンドマンというと、今の子たちは、昔のV系とは違って、
コミュ障な子達が多いように感じます。

 

僕が現役だったときも、終盤は、若い子たちとバンド組んだりしましたが
やはり、コミュ障と言うか、おとなしい子が多かったな…。

 

 

今回、紹介してきたバイト遍歴を見てみても、やっぱり
普通のバイト募集紙などに乗っているようなバイトは、
V系バンドマンには、中々ないんですよね!!

 

その中で、役立ったのが、やっぱり人脈です。

 

 

紹介や、知り合いの職場というのは、融通を聞かせてくれたりしますしね!!
時給単価などに関しても、バンドを応援してくれる人なら、考慮してくれたりします。

 

 

V系バンドマンは在宅ワークもオススメ

 

僕たちの時代とは、かなり世の中の環境もより良くなってきて、
バイトや仕事環境も大きく変化してきていますよね!!

 

インターネットが発達し、ネット上で、仕事を募集、そして
ネット上で、仕事を完結できる時代でもあります。

 

 

どうしても、V系バンドマンで、コミュニケーション能力が低く、
人と接することが苦手という方は、クラウドワークスなどの
在宅ワークなどで、バイトを探してみるという手もありかと思います。

 

しかし、はっきりいって、単価はよくありません。

 

僕もブログの外注化をしていて、こうした、クラウドワークスなども利用しますが
単価は、かなり低いので(笑)

 

あくまで参考程度に。

 

 

【関連記事】
元V系バンドマンが語る!彼女事情!こんな女性達と付き合っていました
バンドマンが売れないと悩む前に改善するべき事
TwitterやInstagramのバンドマンの上手な使い方!
バンドのTwitter集客!貴方はココが間違っている!

ブックマークお願いします!
ヒロ兄を応援する!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました