*

バンドSNSでほどんどの人が間違っている使い方。近道はない。

      2016/07/20

バンドマンの殆どが利用しているSNS

僕も元々はバンドマンですが、現役時代の事を考えて今思い返すと、非常にSNSの使い方を間違っていたなぁ…なんて思うことがあります。

自分はバンドのリーダーであり、バンドの集客とかにも目線をおいて活動していたつもりですが、今それを通じて、インターネットビジネスというものに出会い、更には、そこにビジネスとして、特化して色んな集客論を学んでいる上で、自身もすごく間違っていたんじゃないか?

 

と思うことも沢山。

 

今、インターネット時代のまっただ中で、それをバンドがどうやって使うのか。ファンとなる、ライブのお客様ともなるコミュニケーションツールともなる、このSNS。

 

上手に使えば、今の時代に、自分たちが自分たちのブランディングを出来る時代なんです。

 

バンドと言うシーンで、お金の事が絡んでくると、批判を受けやすいですが、正直バンドはビジネスです。お客様がお金を払ってくれる以上、それ以上の対価というのをバンド側がちゃんと意識しないといけない。

 

そこで、お客様が満足するなら、WinWinですから。

 

この話は、色々なビジネスの場面で、SNSを利用している会社や企業でも置き換えが出来る話かな?と思うので、ちょっと長くなるとは思いますが、解説していこうと思います。

 

ご興味のある方は、最後までお付き合いください。

スポンサードリンク

バンドにとって売上と言うのはどこにあるのか。

まず、バンドマンのかたで考え方として計算式がそもそも頭にない人がいます。

 

楽曲が良ければ売れる

とか

事務所に所属すれば売れる

とか

ライブが良ければ、楽器が上手ければ売れる

と言った事を、僕自身も現役時代に、周りのバンドマン等の口からよく聞きました。

しかし、バンドが売れると言う事はどういう事か…。

 

収益を上げると言うことですよね。

売上=客数✕客単価

 

これすら、バンドマンの中には、頭にそもそも無い人たちが多いと言うのが、現役を通じて感じたことです。

そして、この計算式の中でバンドマンにとって、最も重要な部分というのが、客数なのです。

 

その客数を上げる為に、活用できる物が、Twitterやブログ、YouTubeだったりInstagramだったり、と言う事が理解している人がどれだけいるかということなんですよね。

 

特にTwitterは現在、非常に手頃なSNSツールとしてバンドマンの殆どが利用しているSNSツールだと思います。

ですが、フォロワーがそもそも少ない、フォロワーが相互フォローとかバンドマン、ショップばかりと言う状態の人は、バンドマンのTwitterの利用価値を最大限に使えているとはいえないのですね。

 

Twitterで、そのバンドマンが貴方だとしたら、貴方がTwitterを通して、知ってほしい人は、バンドや音楽、ライブに興味のある人です。

バンドマンのTwitterの利用目的って、バンドを知ってもらう為、貴方を知ってもらうためですよね。

それを理解していれば、呟くことや呟き方も変わってくるのだと思います。

 

 

貴方の見込み客となる人の傾向を知り、ハッシュタグ等の利用も新規顧客に知ってもらう可能性を広げることも出来ますよね。

 

自分のバンドの最新アー写が公開になった時も、ハッシュタグを使うと言う事をしている人がどれだけいるでしょうか?

 

 

他にも、Twitterと言うのは拡散力が半端ないSNSとしても知られていますね。

では、どんな呟きが拡散を呼ぶのか。と言う事を調べてみたことがありますか?

Twitterには拡散されやすいツイートの条件というものが5つあります。

◆共感を得やすいツイート
◆面白がられるツイート
◆応援したくなるツイート
◆反感をかいやすいツイート
◆トレンドにそったツイート

この中で、バンドマンが狙っていける拡散条件というのは、最初の3つがメインになるかな?と思います。

 

貴方が知ってもらえる様にツイートをすることで、貴方も貴方のファンも結果的にはいい方向に向かいます。客数が増えれば、いいイベントに出れるチャンスは増えます。

そこでまたチャンスを掴めば、Twitterで沢山の人に知ってもらえます。

 

今の時代、お客さんとなる人達が、どこで情報を得て、どんな情報を求めているのか。

と言う事を考えながらSNSは使わないとそのツールの利用価値自体が意味が無くなってしまいます。

 

ここまで考えて利用しなくては意味がないと言うのは、僕自身、バンドをやめてインターネット上の集客について学び始めてから解ったことではありますが、どんなビジネスシーンでも置き換えができるので、参考にして頂けたらと思います。

 

貴方がバンドマンなら、Twitterを見て欲しい人は、「何歳くらい」「男?女」「その人達の関心のあることは何?」と言う事を考えながら、Twitterで共有できるものを考えながら発信していくことで、貴方の需要になるであろう人たちがフォロワーとなって、反応を返してくれるようになってきてくれるはずです。

 

【関連記事】

アーティストのツイッター活用法!体験を語れ。

TwitterやInstagramのバンドマンの上手な使い方!

アメブロのサイドバーにTwitter(ウィジェット)を埋め込み方を解りやすく解説!

アメブロのサイドバーにYoutube動画を埋め込む方法
アメブロ記事内にYouTubeを埋め込めてない方へ…。
Twitterアクセス解析(アナリティクス)を見る方法と使い方。
アメブロの記事内に、Youtubeを埋め込む方法を解説!
アメブロにグーグルアナリティクス(アクセス解析)を、設置する方法を解説!

スポンサードリンク

 - ウェブ関連, 考え方・マインド